ホーム » 飯能の商品情報 » 飯能すいーとん

こいつぁ こてぇさんねえでぇ!! 

飯能すいーとん

昔養蚕が盛んだった頃、飯能では小正月になると 米粉で作った団子や柑橘類を木の枝にさして、まゆ玉飾りを作り繭の増収を祈りました。かつて盛んに行われていた風習です。

畑では毎年麦秋が見られ、地粉を使ったうどんや 団子汁、すいとんなど、一般の中でごく普通に食べられていました。

その後、経済成長の中で食文化は多様化し、現在私たちは世界各地のあらゆる食を口にすることができます。近年では、食に対する安全や安心が求められ、地産地消という考え方が急速に浸透し始めてもいます。

そこで、かつて盛んに食べられていた伝統食の「すいとん」を今様に手を加え、和食をはじめ洋食・中華、エスニックまでを視野に入れた斬新な飯能の食を作りだしました。

「飯能すいーとん」をどうぞ、ご賞味ください。

すいーとんの語源は?

すいーとんの語源は、Sweet(スウィート)=やさしい・すてきな と Toon(トゥーン)=街の俗語を合わせています。 Sweet + Toon = Sweetoon 飯能(はんのう)は ”優しさの溢れるすてきな街” という意味も込めています。