ホーム » 飯能の商品情報 » 味噌付けまんじゅう

昔ながらの製法で、伝統の味を今に伝える 

味噌付けまんじゅう

少し堅めに蒸かした酒まんじゅうを串に刺し、炙ったものに味噌だれを塗る。一風変わったように思えるが、ほのかに香るお酒の香りと、香ばしさ、甘辛の味噌だれが絶妙なバランスでうまい!

明治7年から、変わらぬ製法で伝統の味を今に伝え、飯能人はお茶受けには 味噌付けまんじゅう というほど定番です。

●味噌付けまんじゅう 1串 220円

なぜ?みそを塗るの?

飯能は古くから良質の木材が特産です。木材を筏に組み、川下りで江戸へ運んだことから 西川材(西方から川で運ばれた材木)と呼ばれています。 この筏師(木材運搬職人)たちが、お弁当に酒まんじゅうをよく持って行きました。 しかし夏場は傷みやすかったため、防腐効果のある味噌を塗ったのが始まりといわれています。



企業情報

新島田屋 外観

新島田屋

明治7年創業の飯能でも指折りの老舗。伝統の製法を受け継ぎ、現在の社長さんが4代目。現在は息子さん(5代目…

住所飯能市八幡町 7-7
TEL042-972-2098