ホーム » 行田の店舗情報 » 足袋とくらしの博物館
足袋とくらしの博物館

足袋とくらしの博物館

「足袋とくらしの博物館」は行田の足袋産業の歴史・文化・技術を後世に伝えるべく、NPO法人”ぎょうだ足袋蔵ネットワーク”が、埼玉県のNPO活動本格化支援助成を受けて平成17年10月8日に開館させました。

老舗の足袋商店であった「牧野本店」の大正11年棟上げの向上と土蔵を借用して改装したもので、昭和初期の足袋産業全盛時代の工場の様子を丸ごと再現した”Hands onでLiveな博物館”です。

行田の足袋産業の歴史・文化・技術を体感していただければ幸いです。

【入館料】200円(小学生は100円)


足袋とくらしの博物館  足袋とくらしの博物館  足袋とくらしの博物館

住所〒361-0073 埼玉県行田市行田1-2

大きな地図で見る

TEL090-8726-4962
アクセス秩父鉄道羽生線行田市駅下車徒歩5分
駐車場近隣にパーキングあり。
営業時間10:00~15:00
定休日土曜・日曜のみ開館
URLhttp://www.tabigura.net/


この店舗の商品情報

行田の足袋

行田の足袋

行田近郊の農村地帯では、綿花の生産がさかんであり、原料の入手も容易だった為、市内の足袋産業は江戸時代か…