ホーム » 行田の商品情報 » 行田の足袋
行田の足袋

全国のトップシェアを誇っています! 

行田の足袋

行田近郊の農村地帯では、綿花の生産がさかんであり、原料の入手も容易だった為、市内の足袋産業は江戸時代から少しずつ発展し、昭和13年頃には全国生産の80%を占める程になりました。
その後、日本人の服装の変遷により足袋の需要は少なくなりましたが、現在も行田の足袋は全国のトップシェアをほこっています。

足袋づくりの工程

行田の足袋向上では(工程のとらえ方で違いますが)一般的に”ひきのし”から”仕上げ”まで13ないし14の工程で分業生産されています。 これは大阪・堺の福助足袋が始めた分業生産システムを手本にしたもので、コンピューター制御のミシンを使う最新の工場でも同じ分業生産システムが取られています。

行田の足袋




企業情報

足袋とくらしの博物館

足袋とくらしの博物館

「足袋とくらしの博物館」は行田の足袋産業の歴史・文化・技術を後世に伝えるべく、NPO法人”ぎょうだ足袋蔵ネッ…

住所〒361-0073 埼玉県行田市行田1-2
TEL090-8726-4962
URLhttp://www.tabigura.net/