ホーム » 秩父の商品情報 » 小昼飯(こぢゅうはん)
小昼飯(こぢゅうはん)

ちちぶの和点心。 

小昼飯(こぢゅうはん)

小昼飯(こぢゅうはん)とは、農作業の合間など小腹がすいたときに食べる秩父の郷土料理で、主に地元の穀物、農産物を食材として各家庭で独特の調理をしたものを言います。

秩父ブランドを目指して。

 秩父商工会議所は、秩父地域に古くから伝わる伝統料理・郷土料理を復活させ、地元の人々の再認識を促すことで次世代に伝承し、観光客の皆様には「小昼飯」を食べていただき、秩父地域の歴史文化の一端として、より理解を深めていただきたいとの思いで、食文化の伝統継承に取り組んでおります。

 食生活、旅行スタイルがさまざまに変化してゆく中で「地産地消」の原点に立ち、秩父の郷土食を「ちちぶの和点心 小昼飯」ブランドとして認知していただくことを目標としています。

こちらの秩父商工会議所のサイトから、こぢゅうはんマップがダウンロードしていただけます。